--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-04-20

反省しました。(4月19日の部会について)

ひなどり恒例の反省会、今回は新歓公演についての反省会を行いました、仁です。反省させて下さい・・・。

反省会では、主に次の意見が挙がりました。
「難しい脚本には、イメージが定着するよう解釈会議を設けるべき。」
「遅刻や稽古中の態度の悪さが目立つ。演出と舞台監督、演出とキャストの意見対立も多かった。」
「スタッフ会議に演出が参加した方が、演出自身勝手を知ることができて良かったのではないか。」
「重役である演出・舞台監督が肝心な時にいなくなる。」
「キャスト同士の仲が良かった。その分演出が指導し辛かった部分もあるが。」
「スタッフは、何かするべきことがあると分かっていたなら相談してください。」
「リハーサル・本番共に、計画立てを含めて準備不足が響いた。後片付けは速かった。」
「スケジュールは演出と舞台監督で示し合わせるべき。」
「本番3日前からの演出変更にキャスト・スタッフがついていけたのは評価できる。演出変更そのものは避けるべきではあった。」
「制作さん頑張りました。仕事早い。アンケートは若干の改訂を加えた方が良かったかも。」


部員の皆さんは、反省会の内容が部誌にまとめてありますので、詳しくはそちらをご覧ください。

反省会の後は、新入生歓迎飲み会の予算についての話し合いと、大学祭公演における三役(演出・舞台監督・助演)についての取り決めを行いました。三役についての取り決めは見送りとなりました。来週、1年生を交えて話し合いをしていきたいと思います。

大学祭公演では、3年生がいよいよ役割の引き継ぎの時期となってまいりました。今のうちにおれたちのDNAを宿しとこうぜ! と息巻く仁でした。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

E.C.ひなどり

Author:E.C.ひなどり
演劇部の部室は課外活動共用棟4F、階段登ってすぐの部屋となります。興味のある方や時間のある方は、お気軽にお越しください。

■公式ホームページ 【ひなどりの留まり木】

月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。